SSDとは何か?HDDとの違いについて

SSDという製品をご存知でしょうか?

SSDとはパソコンのパーツの1つで、HDDの代わりに使えるストレージです。

正式にはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)と呼ばれ、それぞれの頭文字を取って付けられた略称です。

SSDはエスエスディーと読みます。

ここではSSDの簡単な説明、SSDとHDDの違い、そしてSSDの選び方についてお伝えします。

SSDの仕組み

SSDとはフラッシュメモリと呼ばれるメモリに、データを保存するパーツです。

フラッシュメモリと聞くと馴染みがありませんが、USBメモリやスマートフォンのストレージにも、フラッシュメモリが使われています。

USBメモリを大容量化、高速化したもの、というイメージを持っていただければ、おおよそ間違いありません。

SSDとHDDの比較

現在、パソコンに搭載されているデータを保存するパーツと言えば、HDDが使われています。

SSDはこのHDDの代わりに使う事が出来るパーツです。

パソコンへの接続方式はHDDと同様ですが、HDDでは実現出来なかった超小型化も可能なので、HDDよりも接続方法は多彩です。

そんなSSDですが、HDDと比べてどんな利点があるのか、見ていきましょう。

SSDのメリット

SSDのメリットには以下のような物があります。

  • 非常に高速である
  • 動作音が無いので静か
  • HDDよりも衝撃に強い
  • 軽い

非常に高速である

SSD最大のメリットは高速である事です。

どのぐらい速いかと言うと、HDDよりも2倍から10倍速いです。

パーセントに直すと、200%から1000%です。

1年ごとのパソコンの性能向上は、多くても50%程度である事を考えると、どれほど速いかが分かると思います。

動作音が無いので静か

SSDは仕組み上、動作音が鳴る箇所が無いので、全く音が鳴りません。

スマートフォンを耳に近づけても全く音がしない事からも、分かると思います。

HDDよりも衝撃に強い

これはSSDが衝撃に強いというよりは、HDDが衝撃に弱いだけです。

HDDは構造上の問題で、強い衝撃が加わると、記録面に傷が入ってしまう可能性がある為です。

CDやDVDの表面に傷が入る、というイメージを持って頂ければ分かりやすいと思います。

HDDよりも衝撃に強いと表現したのは、電子機器は総じて衝撃に弱い物なので、雑に扱えば当然衝撃で壊れるからです。

身近にある物なのでつい雑に扱ってしまいがちですが、電子機器は精密機械です。衝撃には注意しましょう。

軽い

HDDと比べてとにかく軽いです。

ノートパソコン用の2.5インチサイズのHDDと比べて、おおよそ半分の軽さです。

SSDは2.5インチのサイズ以外にも、さらに小型のタイプもあり、そうなるともっと軽くなります。

SSDのデメリット

次にSSDのデメリットを見てみましょう。

  • 容量当たりの単価が高い
  • 大容量のSSDが存在しない
  • 故障した場合のデータ損失が大きい

容量当たりの単価が高い

500GB以下の物に関しては、かなり安くなりました。

あまりたくさんの容量が必要のない使い方であれば、気軽に購入出来るぐらいの金額です。

しかし500GB以上の容量、特に1TBを超える容量となると、まだまだ高額です。

年々SSDの価格は下がる傾向にあるので、もう少し待てば、手が届く価格まで降りてくるかもしれません。

大容量のSSDが存在しない

HDDの現在の大容量の物は、14TBにもなります。

一方でSSDだと8TBが上限です。(2019年2月現在)

ストレージ1つで大容量が必要という場面では、HDDには完敗です。

近いうちにさらに大容量のSSDが発表される見通しは立っていますが、現実的に手が届く値段になるのは当分先でしょう。

故障した場合のデータ損失が大きい

これはフラッシュメモリの最大の弱点なのですが、故障してデータが読めなくなった場合、全てのデータが読めなくなります。

なので大事なデータは必ずバックアップが必要です。

HDDでもある日突然、全てのデータが読めなくなる、という事はあるので、バックアップが大事なのはSSDでもHDDでも変わりません。

SSDの場合はHDDよりもさらに慎重にした方が良い、というだけの話です。

ちなみにSSDのデメリットというより、フラッシュメモリのデメリットなので、USBメモリやスマートフォンでも同じ事が言えます。

HDDのメリット

次にHDDのメリットを見てみましょう。

  • 大容量かつ安い
  • 故障時のデータ損失が少ない
  • 製造技術が安定しているので初期不良が少ない

大容量かつ安い

大きな動画データを扱うような場合には、大容量が必要になります。

SSDでは大容量の物は高価で、大きくても8TBまでです。

今後もSSDの大容量化は進むでしょうが、しばらくは高価になってしまうのは変わらないでしょう。

一方でHDDは8TBでも2万円を切る製品があるぐらい、大容量でも安価です。

故障時のデータ損失が少ない

故障の仕方にもよりますが、HDDは故障し始めてもデータの復旧は比較的簡単です。

全く認識せず、普通の設備ではどうしようもなくなったとしても、データ復旧専門業者に依頼すると取り出せるという事例も、少なくありません。

ただし専門業者に依頼すると、データ救出料金は10万以上からと、非常に高額になるので、出来るだけバックアップを小まめに取って対処したいですね。

HDDのデメリット

HDDのデメリットは、以下のようなものです。

  • 遅い
  • 経年劣化により、速度が落ちていく
  • 動作音がする
  • 重たい

遅い

HDDの構造上の問題で、高速化が難しいです。

その為、あまり高速化が進んでいないというのが現状です。

現在(2019年2月)の最新技術を使ったHDDであれば、他のHDDと比較して速いと感じられるぐらいの成果は出ているようです。

が、大容量が必要でないのなら、SSDの方が安価でさらに高速です。

経年劣化により、速度が落ちていく

HDDはモーターを使って記録面を回転させる、という構造です。

モーターは経年劣化で段々と回転速度が遅くなっていきます。

モーターの回転速度が遅くなれば、その分データの読み書きも遅くなります。

これが経年劣化による速度低下の1つです。

もう1つあり、それはHDDの記録面は磁力を使っている事に由来します。

磁力で何度もS極、N極の入れ替えを繰り返すと、段々と入れ替える速度が落ちていってしまいます。

これも経年劣化による速度低下です。

最終的にはS極にもN極にもならなくなってしまいます。これがHDDの故障の1つですね。

動作音がする

HDDはモーター音と、データへアクセスする時に音が出ます。

静かな環境であればあるほど、意外と煩く感じますね。

重たい

HDDは重たいです。

動作が遅い話ではなく、重量があるという意味です。

2.5インチのHDDは95~110g程度で、SSDは40g前後です。

軽いノートパソコンであれば、この重量差は意外と大きくなってきます。

SSDの選び方

SSDの製造には、実に多くのメーカーが参入しています。

どのメーカーの製品が良いか、判断に迷ってしまいますね。

判断の決め手は現在の空き容量と、値段を見比べて、となります。

SSDは値段の差が非常に大きいです。

この差はどこから来ているかというと、ざっくり言えば品質の差です。

完成した製品に対して厳しい検査を課せば課すほど、実際に販売に足る品質の製品は少なくなっていきます。

使った原材料に対して実際に販売する数が減れば、それでも利益を出そうとすると値段を上げるしかありません。

特にSSDは故障時のデータ損失がHDDよりも大きい事から、品質にこだわるのは間違いではありません。

こういった事情から、どこまで厳しい検査をするかは各メーカーの判断によるという訳です。

なので、安すぎるSSDには注意が必要です。

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email