パソコンが重い時の掃除とは?

「なんだか最近パソコンが重たいなぁ。掃除をしようかな」

と思った事はないでしょうか。

パソコンの掃除と一口に言っても、何を掃除したら良いのか、そして掃除して本当に軽くなるのでしょうか。

ここではパソコンの掃除の仕方について、解説していきます。

パソコンの物理的な掃除

パソコンは熱に弱い電子機器ですが、その一方で負荷が掛かると非常に熱くなります。

目玉焼きが作れるぐらいには熱くなるとも言われていますね。

本当にそこまで熱くなってしまうと、パソコンが壊れてしまうので、そうならないように常に冷却しています。

ほとんどのパソコンは空冷、ファンで空気を当てて冷やすのですが、空気を取り入れる仕組み上、ホコリが少しずつ溜まって行ってしまいます。

ホコリが溜まりすぎると空気が流れなくなり、排熱がうまくいかなくなります。

そうなると、パソコンは自分が壊れてしまわないように、処理速度を落とす事で発熱量を下げ、温度が上がりすぎないようにする、という仕組みが備わっています。

処理速度を落とすので、当然それだけパソコンが重たくなってしまう、というわけですね。

こうなった場合は、パソコンを分解して掃除してやる必要があります。

分解の仕方はパソコンによって多種多様なので、一口に説明は出来ませんが、もしファンの回転音が凄いわりに、排気の勢いが弱いな、と感じる事があったら、それはホコリが溜まりすぎている事が原因かもしれません。

最近は少なくなったように感じますが、よくタバコを吸われる方の場合は、ホコリにタバコのヤニが付着し、通常よりも空気の流れが非常に悪いホコリが溜まってしまう事も。

もしご自身で分解、清掃が難しいという方は、パソコン修理のインフォムまでご相談下さい

パソコンのソフト上の掃除

ここからはパソコンの中の話に入っていきます。

レジストリの掃除

Windowsのパソコンの中には、レジストリというものがあり、長く使えば使う程に肥大化して、その分だけパソコンの動作が重くなっていってしまいます。

このレジストリには以前は必要だったものの、今は不要となったものも、そのまま消されずに残り続けます。その為、肥大化していくわけです。

この不要な物を消してやれば、その分だけ軽くなります。

ただし何が必要で何が不要なのかは、見てもまず分からないですし、もし必要な物を消してしまったら、パソコンが起動しなくなる、なんてことも。

そうなると復旧する方法はないので、リカバリが必要になってしまいます。

そこで登場するのは、レジストリを掃除してくれるソフトです。

必要な物、不要な物を自動的に調べて、不要な物は消してくれる、というものです。

実際に使ってみた事はありますが、確かに効果はあります。

劇的な効果ではないですが、「あ、ちょっと軽くなったな」と分かるぐらいには、効果があります。

ただし私はオススメはしません。

その理由は2つあります。

1つは本当に不要な物だけ削除しているか分からない事。

もう1つは削除後から、エラーが出る事が増えてしまった事です。

今まではパソコンの動きが重いものの、エラーが出る事はありませんでした。

しかしレジストリの掃除後、ちょこちょこエラーが出たり、強制的にアプリケーションが終了してしまうなど、使っていて困る事が増えてしまいました。

結局、OSの入れ直しを行う事になってしまいました。

こういったリスクがある事を踏まえて、もし少しでも効果があるならという事で、レジストリの掃除は自己責任で試してみてください。

Cドライブの空き容量の増加

ファイルの数がたくさんあるからと言って、パソコンが重たくなるという事は原則ありえません。

しかしCドライブの空き容量が少なすぎると、動作エラーが起きやすくなり、これが原因でパソコンが重たくなる事があります。

通常、エラーが起きても自動的に対処してくれますが、その分だけ処理に掛かる時間が増えてしまう、という流れです。

なのでCドライブの空き容量はある程度の余裕を作っておきましょう。

ディスクのクリーンアップを行う

Cドライブのディスクのクリーンアップから、システムファイルのクリーンアップを行います。

行うのは

  • WindowsUpdateのクリーンアップ
  • システムによって作成されたWindowsエラー報告

です。

1つ目のWindowUpdateのクリーンアップは、直接速くなる要因にはなりませんが、一度も実施していないと数GBぐらいには膨れ上がっていると思います。

空き容量を増やすという意味でも、やっておくと良いです。

2つ目のシステムによって作成されたWindowsエラー報告ですが、こちらは数百MBになっている場合、起動が重くなる原因になります。

削除してしまっても通常、問題はありません。

終わりに

以上、パソコンが重い場合の掃除の仕方をご紹介しました。

ユーザーが出来る範囲の掃除は限られていますし、掃除しても新品同様に軽くなる、という事はありません。

なんだかパソコンが重たいというだけでなく、エラーがよく出るようになった等の場合は、小手先の方法でどうにかするのではなく、OSの入れ直しが一番速く手確実という事は、覚えておいてください。

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email